うつとしっかり向き合って完治する│投薬治療で使う抗うつ剤

女性

精神安定剤の種類と効果

男性

精神病には様々な種類があり、それぞれを明確に示す症状もあります。
また症状の進行度によって軽度であるか重篤であるか様々です。そのため治療に用いられる抗うつ剤にも種類が豊富にあり症状の種類や患者さんに応じて使い分けられています。精神病で使われる薬には大きく分けて4つあり、抗うつ剤と、抗そう剤、抗不安剤、抗精神病薬があります。抗うつ剤は意識の限界や思考能力の停止、気分が落ち込むなどの症状を改善するために使われる薬です。うつ病のほとんどが不眠症を併発するため、睡眠薬と一緒に処方されることが多いです。また抗うつ剤を服用すると副作用で眠気を感じるため、睡眠薬と一緒に服用することで眠りやすい環境を作ることもできます。抗うつ剤は脳内の神経物質の機能を戻して脳内の環境を整えるための薬です。ですから脳内の別の部分を刺激して副作用が起こることもあります。抗不安剤はその名前の通りで不安や緊張を和らげるための薬です。多少の不安や緊張は誰しもあるものですが、そういったことが続くと精神的な付加がかかり過ぎてめまいや動機、頭痛など体の不調として現れる場合あります。抗不安剤はそういった症状を緩和するために処方される薬です。抗不安剤はパニック障害など、不安障害の患者に処方される薬です。不安障害は、ハッキリとした理由もなく突然不安が襲ってくることです。その症状が頻繁に起こると日常生活に支障を来すので医療機関で診察してもらうと良いです。不眠症のほとんどは悩みや不安が原因のことが多いです。だから抗不安剤を処方して寝る前の環境を整えるのに使われます。また抗不安剤は副作用として眠くなります。そのため抗うつ剤と同じように睡眠薬と一緒に服用することで睡眠導入薬としての役割があります。精神安定剤は症状によって様々な薬があります。個人差によって服用の強さも様々あるので、自分の体調や生活を記録しておくことで医師との問診もスムーズに行きます。そうすることで自分に合った薬を処方してもらえます。