うつとしっかり向き合って完治する│投薬治療で使う抗うつ剤

女性

心身症とその治療

服用

心身症という言葉を聞いたことがありますか。心身症はストレスが原因で身体が病気になってしまうことです。例えばストレスが原因で胃潰瘍になってしまったり下痢などの腹痛に悩まされたりすることです。人によっては蕁麻疹が出来てしまう人もいるそうです。心身症は精神的苦痛が原因です。でも、その症状は身体に出てしまいます。ですから、その治療は抗うつ剤などの精神安定剤をつかった心の治療と、身体の治療の両方を行なわないといけません。身体だけ完治しても精神的な治療が行なっていかないと病気は再発してします。また、抗うつ剤などを使って精神的な治療だけ行なっていても身体の治療を行わないと患者さんも苦しいですし、身体的な病気を悪化させてしまいます。なので、心身病の治療を行なう時には心療内科と内科のどちらもある病院が良いでしょう。それなら医師同士でどのように治療をことなうのかをすぐに決められるからです。それか心も身体も診療できる医師が理想的です。心身症の治療はまずストレスそのものを減らさないといけません。心身症の治療しにくる患者さんのほとんどがストレスを変えることは不可能だと答える人が多いです。ですが、今の状況を簡単に変えることは確かにできません。ですが、ストレスの原因をそのまま改善しないと心身症の治療が進みません。そんな状況で抗うつ剤などを処方してもらっても、今度はその抗うつ剤の副作用が原因で職場や周りに迷惑をかけてしまうことになります。そうすると周りに迷惑をかけたことが精神的苦痛になり、精神病を悪化させる結果になるのです。それに、いくら心身症が治ってもストレスの元を改善しておかないと心身症を再発する恐れがあります。