うつとしっかり向き合って完治する│投薬治療で使う抗うつ剤

女性

抗うつ剤の市販品はあるのか

薬

ストレスが溜まっていたとしても、病院に行くほどではないと思っている人もいるでしょう。実際に心療内科を受診している人の中には病院で処方される精神安定剤は効きすぎて困っている患者さんもいます。また、精神安定剤の作用はちょうどいいのに副作用が強くて生活に支障をきたすからと困っている人もいます。そんな方たちは市販で抗うつ剤を購入できたらと考えている人もいます。ですが、抗うつ剤や睡眠薬を含めた精神安定剤は薬を取り締まる法律によって医師の処方箋がないと買うことができません。また、家族や友達が持っている抗うつ剤や睡眠薬を貰ったり、知り合いから買ったり売ったりすることも禁じられています。そのような行為をしてしまうと犯罪とみなされて罰せられてしまいます。普通は市販薬として購入できない抗うつ剤ですが、インターネット購入することが可能です。昔に比べて数が少なくなってしまっていますが、個人輸入代行を行なってくれるところがあります。ですが、抗うつ剤は種類も多くです。副作用も強く出るものもあり、服用時にどれくらい作用が続くのかもしっかりと知識を調べて考えてから買わないといけません。自分の症状に合わない薬を飲み続けると副作用や薬が強すぎることが原因で体を壊すこともあります。なので、診療内科を受診して薬を処方してもらうことが安全な方法です。今処方してもらっている抗うつ剤が体に合わないと思ったら、かかりつけの医師に症状を説明して抗うつ剤を変えてもらってください。薬のことを言いづらいと思っている人もいると思いますが、自分の生活や身体に合わない抗うつ剤を飲み続けることはうつの症状の改善の妨げになります。なぜなら、副作用や身体に合わずに生活をすると投薬治療を始める前に出来ていたことが出来ないままのことがほとんどだからです。そうなると出来ていたことが出来ないことがうつ状態になる原因になり、せっかく投薬治療をしているのに意味がなくなってしまいます。うつの症状のより良い改善のためにもかかりつけの医師に問診の際に自分の現状や副作用などのことを話してください。