うつとしっかり向き合って完治する│投薬治療で使う抗うつ剤

女性

抗そう剤と抗精神病薬

レディ

精神状態に異常があると日常生活の中で支障をきたしてしまいます。最初のうちは特に気に留めないことの方が多くいます。ですので、症状が進行していって日常生活に障害がでてから医療機関に受診へ行くのでは遅いのです。そのころには治療に多くの時間を費やさないといけなくなります。その精神状態を正常にするためにほとんどの医療機関では投薬治療をおこないます。そのとき使われる精神安定剤はそれぞれ違うので、症状にあわせて薬を使い分けていきます。そんな治療に使われる精神安定剤は大きく分けて4つあります。それは、抗不安剤、抗うつ剤、抗不安剤、抗精神病薬です。その使用用途を知っておくと、投薬治療の際に自分の治療がどういうものなのかを理解でき、より治療を円滑に続けることが出来るはずです。抗精神病薬は統合失調症の治療に用いられる薬です。統合失調症は脳の中で気持ちの高揚などに繋がる脳内の伝達物質のバランスが崩れ、脳内環境が乱れることが原因で発症する病気です。そんな統合失調症は幻覚や妄想があることが特徴の精神病です。幻聴が聞こえてきたり感情が不安定でほかの人と関わることが困難になったりします。
また、幻覚から被害妄想の症状が進行していく人もいます。統合失調症は他の精神病の合併症という形で発症することもあります。統合失調症に使われる抗精神病薬はドーパミンなどに脳内物質を分泌するのを助ける作用があります。統合失調症はその症状によっては抗うつ剤などの精神安定剤を代用する場合もあります。抗そう剤は抗うつ剤と同じで気持ちの浮き沈みを安定させる薬です。抗そう剤は双極性障害の治療に使われている薬です。双極性障害とは気持ちの浮き沈みを大きく繰り返すことです。さっきまで気持ちが高揚していたのに、ほんの些細なきっかけでうつ状態になってしまうのです。抗そう剤は抗うつ剤と違い気持ちが高揚し過ぎることを抑える効果もあります。精神病は日々の生活の中で症状も処方する薬も徐々に変化していく病気です。日常の些細な変化も記録しておくといいでしょう。