うつとしっかり向き合って完治する│投薬治療で使う抗うつ剤

女性

抗うつ剤の服用と副作用

スーツの人達

うつと診断されると抗うつ剤を処方してもらって投薬治療が主な治療になります。いざ抗うつ剤を飲み始めても薬の種類や個人差にもありますが、抗うつ剤の効果が現われるまでに一週間以上かかります。また、抗うつ剤の効果をしっかりと実感できるのには一カ月ほどかかります。抗うつ剤を服用してすぐに効果がでた場合は抗うつ剤の副作用で気持ちの明るくなることがあります。抗うつ剤は他の薬のとは違うところがあります。それは、効果よりも先に副作用が出てくるのです。ですが、そんな抗うつ剤をずっと飲みつづけることは患者さんも苦しい事です。抗うつ剤は飲み始めてからの1週間から2週間の効き具合が今後、抗うつ剤を飲んでも聞くのかどうかを見ることが出来るそうです。ですから、毎日自分の体調などを記録しておくと今後の投薬治療をする上での目安になります。そんな抗うつ剤の副作用は様々あります。まずよく聞くのが眠気です。抗うつ剤のほとんどは副作用に眠気が伴います。抗うつ剤の副作用である眠気は自分の医師で起き続けていられないものもあります。次が立ち眩みです。薬の種類によっては出ないものもあります。抗うつ剤の副作用で吐き気を感じることもあります。ですが、数日抗うつ剤を飲み続けていれば、ほとんど治まります。実際に吐いてしまった場合は医師に相談をして薬を変えてもらうか吐き気止めの薬を一緒に処方してもらってください。うつ病でもみられる症状でもありますが、副作用で性欲が低下するなどの性機能障害を引き起こすこともあります。また、同じ抗うつ剤でも逆に性欲を促進する薬も存在します。